プロフィール

ankosan

Author:ankosan
『あんこ』は目上の女性を親しみを込めて「おとらあんこ」など名前の下につけて呼びました。今では広く島の娘さんのこと、ちなみに私は男。   連絡メール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

あんこ人形誕生記
昭和初期、伊豆大島に生まれた農民美術「あんこ人形」、 島人に彫刻を指導した彫刻家木村五郎、60年彫り続けた職人の父、人形生誕から資料館を開くまでの回想と資料館の今と未来を記す
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和6年あんこ人形が褒賞に
img001.jpg

大島の古いローカル新聞「島の新聞」(昭和6年5月6日号)の下段(PR欄)にこんなお知らせが載っています。もう10数年に記事を見ていましたが、何のことだかよく知らずにいました。
去年から今年にかけて上京の機会を利用して何度か国会図書館に通って調べてきました。
興味の対象は「伊豆大島を描いた文人墨客の作品」とあんこ人形を生み出した「農民美術運動」の資料探しです。
両方の興味に共通する話題ですが、ラッキーにも見つけることができました。

simanosinbun.jpg

全国農民芸術品展覧会入賞者一覧(第二回)の記事です。

金牌 大島風俗人形 

東京都 大島農美生産組合


銅賞まで数えると50団体以上は有りそうだ、そのトップに大島の風俗木彫人形の文字がありました。(画像は不鮮明ながらはっきりと読み取れます)
主催した富民協会とは、入賞した大島の風俗木彫の姿・形とは・・・簡単ではないが「みつけてくれ-」と資料が呼んでいるようで「図書館がよい」はやめられない。









スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ankosan.blog53.fc2.com/tb.php/237-144df0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。