プロフィール

ankosan

Author:ankosan
『あんこ』は目上の女性を親しみを込めて「おとらあんこ」など名前の下につけて呼びました。今では広く島の娘さんのこと、ちなみに私は男。   連絡メール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

あんこ人形誕生記
昭和初期、伊豆大島に生まれた農民美術「あんこ人形」、 島人に彫刻を指導した彫刻家木村五郎、60年彫り続けた職人の父、人形生誕から資料館を開くまでの回想と資料館の今と未来を記す
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音像の行き先
 市川家にずっと収蔵されていた「観音像、直に見たわけではないが写真で紹介した聖観音像(多分)」はお住まいから婦選会館へ移されて収蔵されている、そういうお話をお聞きしました。
 展示されているかどうか分かりませんが、木村五郎との交流の証しとしてずっと伝えて行ってもらいたいものです。
 今回本文は転記しませんでしたが、婦選昭和10年9月号にお別れの手記「木村五郎氏の訃」を市川房枝氏は書いています。

 (木村五郎・あんこ人形・農民美術・大島の風景などに関する新しい資料などの発掘が有ったとき に随時紹介してゆきたいと思います)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。