FC2ブログ
プロフィール

ankosan

Author:ankosan
『あんこ』は目上の女性を親しみを込めて「おとらあんこ」など名前の下につけて呼びました。今では広く島の娘さんのこと、ちなみに私は男。   連絡メール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

あんこ人形誕生記
昭和初期、伊豆大島に生まれた農民美術「あんこ人形」、 島人に彫刻を指導した彫刻家木村五郎、60年彫り続けた職人の父、人形生誕から資料館を開くまでの回想と資料館の今と未来を記す
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字にまとめる作業は続く
 このあんこ人形誕生記は、実のところ平成12年にある県の自分史文学賞に応募した原稿(資料館を開館させるまでの回想まで)をベースに日々大幅に加除加筆して載せたい写真を撮り込んで記事にして来た。
 開館から現在までは新たに書き加えた、そしてようやく本当の「今」まで目出度く到達した時点で書き込みは止まってしまった。
 40年近くの回想は時系列で案外と順調に書き進めることができたが、いざ今日のこととなるとなかなか日々の変化や成果というものを項目毎に定期的に書のき続けるということは、木々の芽吹きの成長の過程はスローモーションビデオで見れるが、人間の目では見れないように、無理な気がしている。
 今は「あんこ人形作り」「椿材の木工品開発」「ソーメン絞りてぬぐいの復元」「大島を描いた画家や文人の資料調査」をテーマにして毎日を過ごしている。ある程度の成果が得られた時点で、各テーマ毎に時系列に整理して書き込みをして行こうと思う。木村五郎や農民美術に関する資料を見つけ出すことは難しく、余程のハプニングがないかぎり大きな進展は望めない現状にある。
 資料館の周辺の情報は、インターネットで発信しているのでご覧下さい。

    伊豆大島木村五郎・農民美術資料館(ホームページ)
    伊豆大島木村五郎・農民美術資料館の日記(楽天ブログ)
        資料館のこと、毎日の暮らしのなかで感じた雑多なことなど

今年の夏で資料館は丸8年、9年目を迎えます。
大威張りできるだけの進歩はありませんが、資料館の姿は確実に年を重ね貫禄がでてきた、まわりの緑もずいぶん増えて大きくなってきた。

20070428170935.jpg
 平成11年夏資料館オープン

<P4280008.jpg
  平成19年4月28日の資料館



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。